GN125Hに乗る課長の日記

GN125Hって小さいバイクに乗る課長体型の学生が備忘録程度に書くブログ。淫夢要素はほぼありません。

GN125Hにドラレコ装着の巻

ちわす。

 

前回前々回と二重投稿されて狂いそう…!(憤怒)

なんでこんななるんですかね(池沼)

 

そんで今回はGN125Hにドライブレコーダー付けたので,それのご報告です。

結論から言うと普通に付きました。サイドバッグが別途必要ですが。自分はバッグ最初から装着してたから何の問題もないね(レ)

 

取り付けたのは

 

これです。

なんかSONY製センサーとLED信号対応のフレームレートの動画が撮れるらしい(曖昧)ってのに惹かれただけで選定に深い意図はないです。好みのを選んで装着してくだされ。

 

 

f:id:GN_ojisan:20190204015518j:plain

でもこのクッソ長い配線はおかしいよなぁ!!!!!

GN125のような小さい,しかも収納スペースのないバイクにはこのクソ長線はいや~キツイっす(悲しみ)

まあGZ125とか前後に長いバイクにも対応できるってことじゃない?(適当)

 

f:id:GN_ojisan:20190204015528j:plain

わかりやすくシートを外したGNに乗せるとこんな感じ。つっかえ!(閉じないシート)

 

 

このドラレコを装着する上で必要な作業は,

 

1.前後にカメラ設置

2.GPSユニット・配線の収納

3.9PINサービス電源に接続

 

です。簡単です。

 

 

まずカメラ。

 

前後撮影対応なので車体後部と前部にそれぞれカメラユニットを取り付ける必要があります。

Gopro互換の両面テープ接着マウントで取り付けるのですが,とくに後部で貼り付けられそうな平らな面が少なめなのでちょっと工夫が必要です。

 

f:id:GN_ojisan:20190204024655j:plain

自分はリアボックスの取り付けステーの下面を利用して取り付けました。

なんか生えてるのは補強のタイラップ(ガバ)

やっぱパーツ装着で一番有能なのはタイラップなんやなって…

 

テールランプがクッソ大きいおかげで中央付近につけてもカメラで塞がなくていいゾ~これ。でも念の為後方からランプが見えるように左右にオフセットして付けたほうがいいですね。たぶん

 

 

f:id:GN_ojisan:20190204015538j:plain

前部カメラはエンブレムの裏に貼り付けるとちょうどいい感じです。

本当は中央に貼りたかったんですが,手が震えて軽く張り付いてしまったが最後剥がせなくなったのでその場で固定(池沼) 3M強力テープしゅごい(小並感)

他にこんなガバかます人もいないだろうし超広角なので気にしないでもいいとは思いますが,若干アーチ状になってるので本来なら中央に取り付けたほうが死角が減ります。

 

同時にハンドル周辺の押しやすい位置に録画スイッチを設置します。マイクも兼ねるので音を拾いやすい位置に設置。自分はキーカバーに付けました。

 

配線は適当にタンク下とリアウインカー配線に沿わせて収納。当然耐熱とかじゃないんでフロント側はエンジンで焼けないようにタイラップで背骨(フレーム)に固定したほうがいいっぽいすねKMR…

 

f:id:GN_ojisan:20190204021832j:plain

 

前後カメラ端子を本体に接続したら,リアフェンダーとエアクリボックスの隙間というほぼ唯一の隙間に余った配線を詰め込みます。ここもタイラップで固定。マジで隙間少なくて詰め込むのクッソきつかったんですけど(憤怒)

 

画像左下あたり,インナーフェンダー?とフレームの隙間にGPSユニットを仕込みました。鉄フレームの下はちょっと電波感度的にどうかなってとこなので避けてます。

シートがフレームに接する部分に設置したら死ゾ(無慈悲)なので気をつけてください。

 

f:id:GN_ojisan:20190204015559j:plain

 

あとはサービス電源に接続するためハンダで9PIN端子にパパパっと接続して…オワリっ!

画像ではUSB電源と電源を共用するためにこんなサイコな接続法になってますがUSB充電と併用するときとかどうなんですかね…。キー連動で電源が取れるのはこ↑こ↓が一番楽なので,これで駄目ならホーンとかに接続しなおしてなんとかします。多分大丈夫です。

 

あ,ド下手なので画像の通り導線がはみ出てますがこのあと熱収縮チューブで絶縁してます。

 

 

f:id:GN_ojisan:20190204054705j:plain

ちなみに9PINのサービス電源は燃料コック根元付近に見える白い端子,これです。キーオンにすると連動して電力が供給されるのでドラレコやUSB電源やグリップヒーターに使用したりできます。 

 

純正そのままの状態だと接続側端子があるだけなので,別途

 

こういった端子を購入し使ってください。取り付けに関してはUSB電源の取り付け方を紹介する記事など様々紹介されていますのでそちらを参考にしていただければ(他力本願)

 

一応簡易に説明すると,

f:id:GN_ojisan:20190218113706j:plain

カプラへの装着はこう。

画像左側がカプラ固定用のツメでして,赤がプラス,黒がマイナスです。画像はUSB電源を装着したときのもので線が一本だけですが,実際はドラレコの線も端子に接続してるので枝毛みたいに一つの穴から二本ずつ出てます。

防水にホットボンドを練り付けてます。ガバい。

 

 

ハンダゴテと圧着ペンチ,なければ簡易的にギボシ端子を締められるタイプのラジオペンチがあれば簡単です。

 

 

で,ここからが問題です。

 

前述の通りGN内部にはほぼ収納スペースが存在せず,ここまでギリギリで配線等詰め込んでますがドラレコ本体を収納するスペースが存在しません。

いや,厳密に言えばエアクリ側サイドカバー内側に収納できないこともないんですが,吸気口をモロに塞ぐことによる吸気効率の低下と,本体に防水機能がない(超ガバ)というよくわからない仕様のためハンドルに設置とかもできません。

 

じゃあどうするかってーと,

 

 

f:id:GN_ojisan:20190204015606j:plain

 

これを,

 

f:id:GN_ojisan:20190204015624j:plain

 

こう。

 

防水のサイドバッグにぶち込みます。ガバ仕様にはガバ収納で対処だ。この手に限る(力技)

 

冒頭でサイドバッグが必要と言ったのはこのためです。

端子接続部も防水できて一石二鳥ですが,これ以外に有効な防水方法ないのってバイク用として厳しい…厳しくない?

 

まだ信頼性が未知数なので,カメラが死んでないか本体画面で点検するのにいちいち取り出すのが面倒な場所に取り付けるのも避けたいですし,ちょっとここは仕様の穴♂だと思います。同じ機種を選んだ方は別途リアボックスに仕舞うなりサイドバッグを使うなりしてください。

 

 

以上でドラレコ装着…完了です…。

 

 

youtu.be

 

撮影された動画はこんな感じになります。左上のLED式歩行者信号の点滅具合に注目していただければ。このおじいさん一旦減速して突っ込んできてるので発進時見落としてたんですよね…。もし衝突してたらただじゃすまない(俺とバイクの残りライフ的な意味で)

 

ここのところ雨続きなので走りに行けないのはいや~キツイっす(悲しみ)

 

というかこの間カラオケに行って激唱してから心臓が痛いんですが…それは…(死の予感)

 

 

またなんかあったら追記します。

 

では。